• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

© 2019 ArousalTechnorogy Co.,Ltd.

AI INTEGRATION

AIインテグレーション事業

弊社が提供するAIインテグレーションではAI導入サポートからAI開発まで

トータルでサポートさせていただきます。

AI導入に関する小さな疑問からAI開発に関する技術的な知見まで幅広く対応いたします。

AI CONSULTING

AIを組み込んだ経営手法で大きな価値を作り上げる。

​デジタルシフトでその先へ。

「AIと事業の融合こそが世界を変えていく」
​デジタルシフトとは過度なアナログ依存運用から、適切なデジタル化を推進し、残されていくデータを適切な形で蓄積していく状態に切り替えていくこと。

​全てのデータがAIと繋がることにより、会社は新しく生まれ変わ次世代の経営が可能になります。

​本当のAI導入の進め方。

「流行っているし、なんとなく導入してみようか…」

AI導入はソフトウェアの導入等と同じで開発ベンダーに任せてしまうと実際の現場のニーズと合わずに使われず、高額な投資が無駄になってしまうケースがたくさんあります。

しっかりと事業や業務フローを理解し、お客様と二人三脚で開発を行なっていく必要があります。

​私たちはお客様のAIパートナーとして寄り添ってAI導入を進めていきます。

AIソリューション事業

AI導入に必要なのは、貴社にあった最適な

AI導入フローとチューニングされたAI

​規模や業種、業態が違えば導入すべきAIも千差万別。

AI導入には明確な答えが存在しません。理由は、どの会社も業種や業態、規模や提供しているサービスが違うからです。

汎用的なAIパッケージを一括導入することで、様々な事業や業務フローを改善し効率をあげることは大変困難です。

では、どうしたら良いのか。答えは、業務単位やタスク単位で会社のどこにAIを導入すれば高い効率化が得られるかを考えることです。そして、少しずつデジタルシフトを行なっていき将来的に大きな仕組みとして機能させていくことがAI導入を成功させるための一番の近道です。

そのため、経営陣と将来像を共に見据え、現場では業務フローを細かくヒアリングする外部コンサル的な視点が必要だと考えます。

AI SOLUTION

​ビジネスサイドと開発サイド、両視点から実用的なAIをオーダーメイドで開発します。

​独自アルゴリズムで経営をアップデート。

「人の業務をデータ化し、そのデータを元にAIが人をサポートする」

誤解されているようにAIは万能ではない。

​私たちは、人工知能(AI)の能力範囲を見極め、豊富な社内ナレッジと潤沢なネットワークを駆使し革新的なソリューションで貴社事業の可能性を最大化します。

​AIで素敵なサービスを。

「ユーザー満足度No.1を目指して」

私たちは長年SIerとして様々なサービスを手掛けてきました。そして、それぞれのサービスにAIを掛け合わせることにより、人々に最高の笑顔や、感動、熱狂を届けられると確信しています。

​コンシェルジュ・チャットボット・レコメンド、そしてデータ解析等幅広く対応いたします。

​課題整理
​企画
​アルゴリズム設計
​PoC(検証)
​開発

弊社の強み

オーダーメイドで貴社に最適なAIを設計します。

​AI導入にあたって、AI開発会社は実際のビジネスに触れていないのでビジネスサイドのことが理解できなかったり、

ビジネスサイドの会社は開発サイドへ理解が不十分だったりしていることが大きな課題点です。

弊社は創業以来、お客様のニーズをオーダーメイドに開発するシステム開発会社として事業を展開してきました。

関わった業界はIT、エンタメ、製造、運送、広告etc...と多義にわたります。

様々な業界、立場の人とプロジェクトを開発してきたからこそ、経営やマーケティング、営業等の多面的な視点より

ディレクションを行うことができます。

​MARKET

​高まる需要。迫るシンギュラリティ。

AI市場の可能性

2015年における人工知能を活用した機器、システム等の国内市場規模は、EC市場でのレコメンド活用などIT領域を中心に3兆7,450億円と推測される。

今後、技術の成熟・安定性の向上・コストの減少などにより、運輸分野における自動運転の実用化、製造分野における情報化・知能化、生活分野への導入などさまざまな産業分野での市場形成が進むことが予測され、2020年には23兆638億円へと市場が拡大することが期待される。

このように人工知能の活用分野は当初、電子商取引(EC)などのネットIT領域から普及が始まり、次第にIoTとの連携により実世界へ展開され、運輸・製造・生活関連分野などで京大な市場が出現・成長していくと考えられる。

出典:EY総合研究所

​数年の間に、企業のAI導入検討数はピークを迎えます。

​今から準備を行い競合他社よりも一歩先へ。