検索
  • yukikomwombeki

【お知らせ】弊社代表がワーケーション・コレクティブインパクト2022 in 鳥取のプレゼンターに!

 11月16日(水)~18日(金)に開催されるワーケーション・コレクティブインパクト2022 in 鳥取において、弊社代表の佐藤が“Web3.0(ウェブスリー)時代のデジタル関係人口の創出”をテーマに、下記日程にて講演することになりました。


<講演概要>

  • 日時:令和4年11月16日~11月18日(金)

  • 講演者:佐藤拓哉(アローサル・テクノロジー株式会社 代表取締役社長)

  • テーマ:“Web3.0(ウェブスリー)時代のデジタル関係人口の創出”

  • 開催場所:鳥取市、境港市、大山町


<イベント概要>

  • イベント名:「ワーケション・コレクティブインパクト2022」(WCI2022)

  • 主催:ワーケーション自治体協議会(WAJ)/ 総務省

  • 共催:公益社団法人日本観光振興協会

  •    一般社団法人日本経済団体連合会

  •    一般社団法人日本テレワーク協会

  • 協力:株式会社パソナJOBHUB

  • 日程:令和4年10月~11月(鳥取は令和4年11月16日(水)~18日(金))

  • 場所:全国6地域

  • 対象:国家公務員、地方自治体職員、企業社員等

  • イベントURL:https://www.nihon-kankou.or.jp/home/topics/1661398236/


<イベントについて>

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、都市部を中心に在宅勤務などテレワークが社 会に普及し、また、コロナ禍で地方分散への関心が高まる中で、地方では、大きな「関係人口 の創出」の機会が訪れつつある。 テレワーク等を活用し、リゾート地や温泉地、国立公園等、普段の職場とは異なる場所で地 域の魅力に触れながら仕事を行う「ワーケーション」という手段を活用しながら、官民の垣根 を越えて地域の抱える課題を議論し、ポストコロナ社会における各分野のニューノーマルモデ ルを地域から全国へ発信する。



※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

この記事の詳細については、以下にお問い合わせください。

アローサル・テクノロジー株式会社

代表取締役CEO 佐藤 拓哉 info@arousal-tech.com

弊社について https://www.arousal-tech.com/

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アローサル・テクノロジー株式会社は、内閣府・内閣官房が推進する「地方創生テレワーク推進運動」の趣旨に賛同し、推進運動に参加する為「Action 宣言」を行いました。 当該宣言が本日内閣府・内閣官房に正式に受理され、「地方創生テレワーク」事業のホームページに掲載されましたのでお知らせします。 ▶「地方創生テレワーク」(内閣府)HP https://www.chisou.go.jp/chitele/s

歩いた軌跡を探るインタビューメディア「The Human Story」に弊社代表の取材記事が掲載されましたので、一部抜粋し紹介したいと思います。 仕事へのこだわりと目標 20代前半から中盤はなんでも飛び込んでチャレンジすることを大切にしていました。20代後半になるにしたがって、自分の軸をしっかりと持とうと思いました。現在に至るまで自分の強みや使命感を追求しています。 弊社のスタッフは様々な強みを持

ドローン開発事業について雑誌:So-gudにインタビュー記事が掲載されましたので簡単に内容を一部抜粋、紹介したいと思います。 「ドローンが私たちの未来をつくる。」 テクノロジーの可能性を追求する2人の起業家が「ドローン開発事業」にかける想い 記者ー全く異なる事業をされているお2人ですが、出会いのきっかけは何だったのでしょうか? 中川 「実は、昨年の4月頃に新しく六本木にバーを作ったんですよ。コロナ