検索
  • Dai Takeda

【特別掲載:dip運営のStartup timesに掲載されました】タイムテクノロジーが覚醒の鍵?!AI導入相談のスペシャリストである「アローサル・テクノロジー株式会社」が視ている世界の展望とは?

更新日:2020年3月15日

AIの進化が続いている。

これからもAIの進化が続けば、人間は仕事をしなくて済むようになるかもしれない。

仕事をする必要がなくなれば、人に残されるのは「エンターテイメント」と「哲学」であると言われている。

そんなエンターテイメントとテクノロジーを掛け合わせ、人のワクワクを追及している企業がある。

アローサル・テクノロジー株式会社だ。エンターテイメントは人の理解を深め、テクノロジーは未来予測に繋がると考えているそう。

現在はエンターテイメントに限らず、アプリやシステム開発事業のナレッジを生かし、AI導入のプロフェッショナルとしてバリューを発揮している。

最終的には、不老不死を目指しているようで…。

アローサル・テクノロジー株式会社とは、どんな企業なのだろうか。詳しく見ていこう。




                  代表取締役

                  佐藤 拓哉

・2009年3月 熊本県立技術短期大学校 映像処理科 卒業後、東証一部上場SIerにてシステムエンジニアとして従事。 ・2013年9月 アローサル・テクノロジー株式会社を設立、代表取締役に就任(現任) ・2013年10月 日本イベント協会を設立し、代表理事に就任し、イベントやフェス企画運営/支援に従事 (現:一般社団法人イベントエンターテイメント協会、専務理事(現任))



                  社外取締役

                  久保田 雄大

・2008年3月 早稲田大学理工学部建築学科卒業後、建築会社にて建築構造系コンサルティングに従事。 ・2011年4月 人材教育会社にて、人材教育・コンサルティングに従事。 ・2014年6月 ITメディア会社にて取締役就任し、インターネットメディアの新規事業開発に従事。 ・2017年1月 アローサル・テクノロジー株式会社 社外取締役就任(現:取締役COO)




――今、アローサル・テクノロジー株式会社が一番押し出したいプロダクトを教えてください。


――エンターテイメントだけでなく、技術的課題を解決できるのは画期的ですね!


――アローサル・テクノロジー株式会社の事業はチャットボットがメインになっているのですか?


――貴社のお客さんについて教えてください。


――会社を立ち上げた経緯について教えてください。


――独立してからは、どんな事業に取り組んでいらっしゃったのですか?


――そこからAIに着目したきっかけは何だったのでしょうか?


――自然言語処理の仕事が、AIの仕事をするきっかけになっていたのですね!


――それから今までどんな経緯があったのでしょうか?



――アローサル・テクノロジー株式会社が描く未来について教えてください。


――ちなみに、社名の由来はなんだったのですか?


――今後はどんな動きをしていきますか?



閲覧数:95回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アローサル・テクノロジー株式会社は、内閣府・内閣官房が推進する「地方創生テレワーク推進運動」の趣旨に賛同し、推進運動に参加する為「Action 宣言」を行いました。 当該宣言が本日内閣府・内閣官房に正式に受理され、「地方創生テレワーク」事業のホームページに掲載されましたのでお知らせします。 ▶「地方創生テレワーク」(内閣府)HP https://www.chisou.go.jp/chitele/s

歩いた軌跡を探るインタビューメディア「The Human Story」に弊社代表の取材記事が掲載されましたので、一部抜粋し紹介したいと思います。 仕事へのこだわりと目標 20代前半から中盤はなんでも飛び込んでチャレンジすることを大切にしていました。20代後半になるにしたがって、自分の軸をしっかりと持とうと思いました。現在に至るまで自分の強みや使命感を追求しています。 弊社のスタッフは様々な強みを持

ドローン開発事業について雑誌:So-gudにインタビュー記事が掲載されましたので簡単に内容を一部抜粋、紹介したいと思います。 「ドローンが私たちの未来をつくる。」 テクノロジーの可能性を追求する2人の起業家が「ドローン開発事業」にかける想い 記者ー全く異なる事業をされているお2人ですが、出会いのきっかけは何だったのでしょうか? 中川 「実は、昨年の4月頃に新しく六本木にバーを作ったんですよ。コロナ